2008年09月21日

ヨーグルト

人気ブログランキングに登録しました。
みなさまの応援が励みになります。1日1クリックよろしくお願いします。


今回はヨーグルトが健康に良い理由についてお話します。


なぜか風邪をひくと親に必ず食べさせられてました。今もその習慣は抜けません。


ヨーグルトは牛乳に乳酸菌を混ぜ発酵させたものです。


人間の腸内には善玉菌と悪玉菌と呼ばれる腸内細菌が何兆個もいます。乳酸菌が腸内に入ると善玉菌が増え悪玉菌が減ります。善玉菌が増えると腸が活発に動き便秘が解消されます。また便臭を減らす効果もあります。


原料の牛乳にはカルシウムが多く含まれ、骨祖しょう症の予防になります。骨を形成する成分なので子供の発育上必要不可欠な成分でもあります。


最近では胃かいようの原因となっているピロリ菌を減らす効果のあるヨーグルトや血圧を下げる微量成分乳清ペプチドが通常のヨーグルトより多くある製品、生きたまま腸に定着しやすい乳酸菌で免疫力を高める製品、血液中の悪玉コレステロールを下げる効果のある製品など多くの体に良いヨーグルトが出ています。


ちなみにヨーグルトは朝食べると良いです。空の胃に入ることで乳酸菌の活動が活発になります。


他にも多くの健康情報がございます。こちらから→人気ブログランキングへ
posted by 健康理由 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。